お知らせ connpassではさらなる価値のあるデータを提供するため、2024年5月23日(木)を以ちましてイベントサーチAPIの無料での提供の廃止を決定いたしました。
2024年5月23日(木)以降より開始予定の「connpass 有料API」の料金プランにつきましてはこちらをご覧ください。

お知らせ connpassをご利用いただく全ユーザーにおいて健全で円滑なイベントの開催や参加いただけるよう、イベント参加者向け・イベント管理者向けのガイドラインページを公開しました。内容をご理解の上、イベント内での違反行為に対応する参考としていただきますようお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Jun

2

japan.ex #1 ≒ fukuoka.ex#24

tokyo.ex/fukuoka.ex/shinjuku.ex合同開催!We love Elixir

Organizing : 各地域Elixirコミュニティ:tokyo.ex、fukuoka.ex、Shinjuku.ex

japan.ex #1 ≒ fukuoka.ex#24
Hashtag :#japanex
Registration info
Start Date
2019/06/02(Sun) 13:00 ~ 17:00
Registration Period

2019/05/14(Tue) 12:14 〜
2019/06/02(Sun) 17:00まで

Location

株式会社ドリコム セミナールーム

東京都目黒区下目黒1丁目8-1 アルコタワー17F

View Map Venue Homepage

Description

※ココはfukuoka.ex向けのお知らせページで、お申込みは以下からお願いします

https://beam-lang.connpass.com/event/130690/

(以下、上記お申込みページと同じ内容です)


全国の各地域からElixirコミュニティが集まる、Elixirスペシャル祭典!!

japan.ex#1:japan.ex #1:国内の各地域Elixirコミュニティ集合!

立ち上げ時:tokyo.ex#11 + fukuoka.ex#24 + Shinjuku.ex#13

新たに参戦:akiba.ex + kochi.ex + KYOTOEX + hibikino.ex + α…

今年、tokyo.ex/fukuoka.ex/shinjuku.exの合同イベントが遂に実現します!

更に、akiba.ex/kochi.exも、新たに参戦!

開催日程も、6/1(土)の「Erlang & Elixir Fest 2019」の「後夜祭」として、翌日6/2(日)に設定されましたので、公式イベント参加のために東京にいらっしゃる方でも、参加しやすいイベントになっています

Elixir好きやElixirに興味があれば、どなたでも参加OKです

LT参加枠もありますので、普段、Elixir活動をされている方(業務、趣味は問わず)は、ぜひトライしてみてください

ご近所や遠くのコミュニティの様子をいっせいに見られる、滅多にないチャンスですので、既に各地の各Elixirコミュニティに参加されている方も、未だコミュニティに参加されていない方も、一緒にワイワイ楽しみましょう

なお、会の後(15:15~)には、懇親会も開催しますので、各セッションのパーソナリティに質問したり、普段の業務では出会えないElixirに関心高いエンジニアとの交流をお楽しみください(もちろん、会のみの参加もOKです)

※他地域のElixirコミュでご参加希望時は、最下からフィードでコメント下さい

開催:2019年 6月 2日 (日) 13:00〜15:15(12:30 受付開始)

■会場:株式会社ドリコム様 (最寄駅:目黒駅)

■住所:東京都目黒区下目黒1丁目8-1 アルコタワー17F

■会場までの道のり

  • Amazon様の入口のある「アルコタワーANEX」ではなく「アルコタワー」です(お気をつけてください)
  • 目黒駅からお越しになる場合は、「大円寺」というお寺がある「行人坂」を下っていただくと、間違え難いかと思います
  • アルコタワーに入館した後、ファミリーマート向かって右側にある高層階用のエレベータに乗って17Fで降りてください
  • 会場までの詳細な道のりは、コチラをご覧ください

今回、参加の各地域Elixirコミュニティご紹介

東京Elixirコミュニティ「tokyo.ex」

「tokyo.ex」は、「プログラミング言語Elixirの日本最大のユーザーグループ」の1つとして、国内でのElixir及びPhoenixの普及のために、東京都内でミートアップイベントを実施しています

connpassのグループページからご参加いただけます

image.png

福岡Elixirコミュニティ「fukuoka.ex」

「fukuoka.ex」は、福岡/北九州を中心に、大量アクセスのあるWeb・APIサーバ構築や、ビッグデータ分析/AI・機械学習向けデータ加工といった、「膨大なアクセスやデータの高速処理/安定運用」と「高い開発効率」を両立できるプログラミング言語「Elixir」と、そのWebフレームワーク「Phoenix」を広め、ワイワイと盛り上げていくコミュニティです

SI経験に裏付けられたプロダクション開発ノウハウ、大規模インフラでも通用するスケーラビリティといった実践的なElixir活用と、GPU/FPGA活用、より軽量なプロセスライブラリ実装、ElixirによるElixirコンパイラ開発といった、先端領域でのElixir研究・活用も、今まさに熱く展開しています

connpassのグループページからご参加いただけます ※コミュニティ特設ポータルもあります

image.png

新宿Elixirコミュニティ「Shinjuku.ex」

新宿近辺(半径10kmぐらい) で Elixir を勉強したりもくもくしたりするコミュニティです

connpassのグループページからご参加いただけます

image.png

秋葉原Elixirコミュニティ「akiba.ex」

秋葉原中心にElixirでもくもくしたり、ワイワイする会です

初心者からベテランまで参加するコミュニティです

connpassのグループページからご参加いただけます

image.png

高知Elixirコミュニティ「kochi.ex」

高知で Elixir をベースに工業界に旋風を巻き起こすつもりのオープンな秘密集団

高い志で低いスキルをなんとかしようとしてるコミュニティです

connpassのグループページからご参加いただけます

image.png

京都Elixirコミュニティ「KYOTOEX」

京都中心のElixir開発コミュニティを目指しています、勉強会、発表、もくもく会など色々やりましょう

Elixirを触ったことない方、プロダクションで使っている方、Erlangを使っている方、誰でも大歓迎です

日本に住んでいる外国人と観光者が参加できるように日本語と英語で運営しています

connpassのグループページからご参加いただけます

image.png

ひびきのElixirコミュニティ「hibikino.ex」

「hibikino.ex」は、北九州市立大学を中心とした、アカデミックなコミュ二ティです

Elixirを通した研究のために日々,学生のElixir力をガシガシ鍛えています

fukuoka.exの姉妹コミュニティですので、同じconnpassグループページにてご参加いただけます

image.png

タイムテーブル

時間 発表者 内容
12:30-13:00 - 開場(受付開始)、懇親会費徴収
13:00-13:10 fukuoka.exビルダー/司会
shozo_koga
はじめに
13:10-13:15 (全員) 「30秒お互い、どこから来たの?」で場を暖めてー(^o^)
13:15-13:25 fukuoka.exキャスト
YOSUKE
Elixirをゲーミフィケーションで教育すると、どーなるか?
13:25-13:35 techno-tanoC phoenix_live_reloadのコードを読んでみた
13:35-13:45 akiba.ex主催
mocamocaland
Phoenix から見るGraphQLとUnitTestの世界
13:45-13:55 hibikino.ex
hisaway
Elixirマクロを使ったEnum関数の融合変換
13:55-14:05 kojikawakami Phoenixで簡単なCMSを作成してみた
14:05-14:10 (全員) 記念撮影(座りながら集合写真)
14:10-14:25 Shinjuku.ex主催
tsuka
Shinjuku.exと見てきたElixir
14:25-14:35 kochi.ex主催
kikuyuta
梯子と雲との果てしない距離を Elixir で縮めたい
14:35-14:45 ken_hamada Web BluetoothとPhoenix LiveViewを混ぜてみた
14:45-15:00 tokyo.ex主催
日本Elixir協会 理事
ohrdev
Elixirプロセス入門
15:05-15:05 fukuoka.exキャスト
koyo
新卒から見たElixir
15:05-15:15 fukuoka.ex主催
kokura.ex主催
Elixirデータサイエンティスト
piacere
Elixirで始めるデータサイエンス入門
 ~Elixir製データサイエンスプラットフォーム「Esuna」にて~
15:15-17:00 (参加希望者) ♪~ 懇親会 ~♪ ※当日の飛び入りもOK
-17:00 - 閉会

持ち物

特にありませんが、その場で発表内容を試したい方は、ノートPC等をお持ちになると良いかと思います

会場にはゲスト用Wi-Fiの用意がございます

電源タップをお持ちの方は持参されると助かります(会場には床埋め込み式の電源がありますが、MacのACアダプタはささりません)

また、名刺数枚と、PCをお持ちでなくとも、スマホ/タブレット等のTwitter/Facebook/LINEができるデバイスがあると、登壇者やコミュニティ運営者、参加者の皆さまと、交流もしやすくなるかと思います

イベントの受付方法及び補欠の扱いについて

各Elixirイベントが「受付は特にしません」という、よい感じの緩さを持っており、そちらを踏襲し、受付はしない予定です

ドタキャンユーザはブラックリストに入れるような運用もあるようですが、できるだけ性善説で運営したいと思っています

そのため、参加者の方には下記についてご了承・ご協力いただけるようお願いします

  • 参加できないことが判明した時点でキャンセルの操作を行い、枠を他の方にお譲りください
  • 補欠の方は立ち見を覚悟していただければご来場いただいてもかまいません
  • (補欠参加ご希望の方は、セッション開始まで立ってお待ちいただき、開始時座席に余裕がある場合ご着席ください)
  • この方針で当日混乱をきたすような場合もあるかもしれませんが、その際はどうぞご容赦ください

参考:Elixirの現状について

福岡Elixirコミュニティ「fukuoka.ex」とは?

「fukuoka.ex」は、大量アクセスのあるWeb・APIサーバ構築や、ビッグデータ分析/AI・機械学習向けデータ加工といった、「膨大なアクセスやデータの高速処理」と「高い開発効率」を両立できる関数型プログラミング言語「Elixir」と、そのWebアプリケーションフレームワーク「Phoenix」を福岡で広め、ワイワイと盛り上げていくコミュニティです

Elixirは、シンプルな言語仕様により、「プログラミングが初めて」という方でも比較的とっつきやすく、同時に、関数型言語にありがちな複雑さ(トリッキーな構文、数学やアカデミックに走り過ぎる、等)無しに関数型の強力さだけを抽出した、現実のアプリケーション開発を行うエンジニアに寄り添ってくれる言語です

Phoenixは、Webアプリケーションの世界では、最もメジャーな「Ruby on Rails」を作っていたメンバーによって開発された、大量アクセスと高速分散の捌きが得意なWebアプリケーションフレームワークで、Rails同等の高度なWebアプリ開発を、とても気軽に行えます(中でも、WebSocket性能は、あらゆる言語のFW中でも最速)

「fukuoka.ex」では、MeetUp(登壇会/勉強会)やプログラミング入門会、もくもく会、ハッカソン等を通じて、「Elixir/Phoenixの習得機会」と「実際のアプリケーション開発に役立つノウハウ」の提供を定期的に行うことで、福岡でのElixirプロダクション採用を増やし、Elixirに触れることで得られる「プログラミングの楽しさ」を福岡のエンジニアに体感する機会を増やすことをビジョンに掲げています

~ Elixir/Phoenixの現状について ~

Elixir/Phoenixにとって、2016~2018年は、

  • マルチコアのCPU全てをフル活用できる「Flow」や「GenStage」
  • 動的生成されたマルチプロセスを監視・自動再起動できる「Dynamic Supervisor」
  • Webフレームワーク「Phoenix」のHTTP/2対応やwebpack対応
  • IoTコアライブラリ「Nerves」と、クラウド上からファームウェア更新を叶える「NervesHub」

といったElixirならではの革新的な独自機能を出しつつ、「Elixir/Phoenixのみで、Webプロダクト開発やSI案件開発を不自由無く行える」フェーズへと進化しています

Githubに登録されているElixirライブラリも、36,000件を突破し、2年前の7,000件程度と比べ、5倍以上へと急増しました

2014~2015年付近は、Elixirも未だ未成熟で、「Erlangを覚えなければElixirは使えない」という認識が一般的でしたが、現状は、Elixir単独で充分にプロダクト開発/SI案件開発を行える状況へと変わってきています

また、2017年にはGCP(Google Cloud Platform)でのElixir採用、2018年にはAWSでのカスタムランタイム採用、といった、大手クラウドでのElixir採用という追い風もありました

福岡においても、Elixir/Phoenixをプロダクト開発/SI案件開発で採用されるケースが増え、他言語よりも明らかにレスポンス速度が速いWeb+DBが数日で構築できた事例や、1年以上ダウンせずに運用が回った事例など、実運用の実績も増えています(福岡以外でも、SlackやLINE、ニコニコ動画、mixi、gumi等での活用事例もあります)

全世界で見れば、2014年は、200社程度しか採用していなかったのが、2016年は1,100社を超え、現在は、ゲームサーバだけに限らず、フィンランドやスウェーデン、イギリスを始めとする、金融/証券/SNS/メッセージング基盤などの分野で活用されており、世界的にも有名なSlackやDiscordでも積極的に活用されています

そしてElixir/Phoenixにとっての2019年は、以下を完備し、スマホ開発やクラウドへの接続性も大幅に増強されました

  • Phoenixで、JavaScript無のElixirのみで、フロント処理を動的生成できる「LiveView」
  • 対障害性を備え、Amazon SQSとも接続できる並列ライブラリ「Broadway」
  • Prometheus等の外部監視系への容易な接続を実現する「Telemetry」

今は、まさにElixir/Phoenixを始めるには、もっとも美味しいタイミングと言えるでしょう

海外と福岡のおける導入企業/規模/事例は、以下fukuoka.exポータルにて紹介しています
https://fukuokaex.fun

更に、fukuoka.exでは、これまでの言語では表現できなかったような次世代の高生産性Web/API開発スタイルの確立や、大規模インフラでもDBサーバをネックにしないためのスケールアウトの仕組み、ElixirとGCP上のAIエンジンを繋いだ画像解析システム、数倍のパフォーマンスを発揮できるGPU/FPGA活用、Elixirプロセスよりも更に軽量なプロセスライブラリ実装、ElixirによるElixirコンパイラ開発といった、先端領域でのElixir活用も、今まさに熱く展開しています

本イベントの会場・懇親会スポンサーについて

本イベントは、株式会社ドリコム様のご提供より、開催させていただきます

本会終了後に行う懇親会の、食べ物・飲み物も、ドリコム様にスポンサーいただいております

https://www.drecom.co.jp/ image.png

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

piacere

piacere published japan.ex #1 ≒ fukuoka.ex#24.

05/14/2019 12:18

japan.ex #1:国内の各地域Elixirコミュニティ集合! を公開しました!

Group

fukuoka.ex & ElixirImp/ElixirMobile/kokura.ex

We are the party that gathers at Elixir

Number of events 170

Members 657

Ended

2019/06/02(Sun)

13:00
17:00

Registration Period
2019/05/14(Tue) 12:14 〜
2019/06/02(Sun) 17:00

Location

株式会社ドリコム セミナールーム

東京都目黒区下目黒1丁目8-1 アルコタワー17F

Organizer